木曜日, 12月 21, 2006

統計が人間の行動を説明できる方法

まず、これはこの英文投稿の日本語訳しです。

これはこのニューヨークタイムスに掲載された マイケル・ウィリアムズの記事に対して、私の意見を書いたものです。 その記事は人間の行動の原因を研究したものです。 かれのスパムフィルター機能のせいで彼への私の返事を受け付けてもらえなかったので、ここにポストする事にしました。実は、記事の一部に対して、私は意見を書きました。その記事は下記の通りです
心理学の研究者は長年の研究を通して、精神と行動の因果関係を見きわめることは大変難しいということを知っています。 まず、第一の理由として、実験する事が無理です。たとえば: 私の90時代のほとんどの麻薬やコカインを吸って過ごした 、50際のカーレンと言う患者がいました。カーレンによれば、もし12際の時にお母親が死んでいなければ、10年もの酒びたりはならなかったことです。 しかしながら、カーレンの人生を巻き戻して、もし母親が生きていれば何が起こるかということを観察できないので彼女は正しいかどうかを証明するのは無理でしょう。
さて、人の命で実験するために逆説を行うことが出来ないことがわかりますが、模擬の実験することができます。 模擬の実験の際、びっくりする結果を観察することができます。人間の脳を理解するのは大変複雑だと言う事はわかっていますが、正確な統計を使ったら、他の科学の分野にも効果的な結果を生み出しました。 物理的な実験をして「もし、なになにをしたら、結果はどうなるか?」と言う事態を観察できなくても、習えることがたくさんあります。

今年のJMPユーザー・コンファレンスで 私はジョージア工科大学から来たある男性の講演を聴きました。その男性はぴったり同じ事と言ってました。 彼の方面では、ミサイルや戦闘機を使って結果を見るために、本物のテロに対した実験は出来ないので、強力な統計のソフトを使います。彼はパトリック・ビルテゲンと言う名前で 彼の講演をポッドキャストで聞く価値がありますがそれよりも、彼のコンファレンスで言った講演のほうがよかったです。

もちろん、私は現在や未来のための統計が丸ごと人間の行動を説けるとは言っていません。けれども、知識のある人は、自分がしていることを詳しく推測することが出来ます。

ですから、「父との不仲と無神論」と言う理論(一つの例として) は 十分に無神論者の行動を説明できないと思われるかもしれませんが、そこには (統計による)事実があります。私は統計学者ではありませんが、直視してみてください、父の仲は悪いなら、悪い結果「例えば:無神論」を導く傾向があります。それは同性愛者や、犯罪者を導く傾向と同じであると言えます。

人は、統計が正しい時に嫌悪感を感じるみたいです。もちろん、統計はある場合には十分に正確ではない言うわけではあります。でも、多分全然詳しくない人は私に「いい家族がある罪人と知っている」とか「保守的はクリスチャンの家族に育った同性愛者と知っている」と言うでしょう。実はそういうほとんどの人が全然統計をわからないからいつもびっくりします。でも、統計がどう嫌いかどうかは別にして、統計が人間の行動について説ける事がたくさんあると思います。

でも、統計はあまり「ポリティカリー・コレクト」と言う事ではありません。

0 件のコメント: