日曜日, 7月 16, 2006

今日の読みの意味

今日は、ミサへ行った。 今日の読みは面白かった。 僕の前の教会の考え方は今日の聖書の一節が大好きだと言える。 カトリックの教えは今日の一節と比べると、まずちょっと違いらしいだろうが聖書がもっぱらわかれば、この一節はカトリックの教えような意味が正しいとはわかってくる。 僕が言っている教えはPredestinationと言う教えです。 僕は前の教会は新教だった。新教の教えはPredestinationだと言う教えだった。これは天国に行く人はみんなが神様に選ばれることです。もちろん、聖書がこの言葉も使うので、カトリックの教会も神様が人を選ぶことするとは教えるが、 カトリックの教えは、神様が選ぶにもかかわらず、皆は応じるかどうか自分で決める必要があると言う教えです。 僕は今日英語ブログでこの話題についてよく書いた。 もし英語が出来れば、そのブログを読んでください。 僕の日本語のレベルは初心者ぐらいで、このブログでこの話題についてうまく書けないね。。。

0 件のコメント: